栽培方法について

野菜の販売をしていると「『有機』と『無農薬』はどう違うの?」という質問をされることが多いです。
誤解して覚えている人も少なからず居る印象があるので、このページでは栽培方法について説明していきます。
《慣行栽培》

「慣行」は「かんこう」と読みます。

「慣行」の意味を調べてみると、「①古くからの習わしとして行われていること ②普段、習慣として行うこと」と書いてあります。
現代の農業は古くから行われているものとは違うので、「②普段、習慣として行うこと」が当てはまると思います。
日本の現代農業では、農薬や化学肥料を使用するのが一般的となっています。ただし「無制限に使用して良い」ということではありません。
農薬は「農薬取締法」により、製造・輸入・販売・使用が制限されており、農林水産省に登録された農薬しか使用することができません。
また、地域毎に農薬や化学肥料の使用上限が設定されていて、その範囲内で栽培しています。この使用上限のことを「慣行栽培レベル」または「慣行栽培基準」などと呼び、各都道府県のホームページなどで確認することができます。

この基準に沿って栽培をしているのが「慣行栽培」で、一般的に流通している野菜はほとんどがこの栽培方法です。



《特別栽培》

「慣行栽培と比較して農薬使用回数が1/2以下・化学肥料使用量が1/2以下での栽培」「栽培期間中に農薬を使用しない栽培」など、環境に配慮した栽培のことです。

直前まで慣行栽培でも、栽培期間中に条件を満たしておけば良い。


《有機栽培》
3年以上の圃場管理記録があり、基本的に農薬・化学肥料を使用せず、認証機関による認証を取得すると「有機栽培農産物」として認められます。この認証は、毎年新しく取得する必要があります。
この認証を取得していない農家による栽培は「有機栽培農産物」とは呼べません。
基本的には農薬を使用しませんが、安全性が確認された30種類の「農薬」は使用することができます。また、無機肥料も使用可能なものがあります。


《「無農薬」や「自然栽培」など 》
「無農薬」というのは、そのままの意味で「農薬を使用していない」栽培方法です。
「無農薬無化学肥料」というのは「農薬も化学肥料も使用していない」栽培方法です。

農林水産省では「無農薬」「無化学肥料」「減農薬」「減化学肥料」などの表現は分かりにくい表現なので避けるように指導しており、「栽培期間中 農薬不使用・化学肥料不使用」などと記載することが多いです。

自然栽培や自然農法というのは、基本的に農薬や化学肥料・有機肥料を使用しない栽培(農法)です。
(色んな流派があり、各々に栽培基準が違いますので、詳しくは調べてみてください)

しかし、これらを証明するものはなく、あくまでも「農家さんの自己申告」ですから、農家さんとの信頼関係が重要になります。

以上が栽培方法の説明になります。

ここからは、ちびまるしぇの考え方を書いていきます。個人的な考えですので、全てが「正しい」とは思っていませんが、少し勉強をした者としてお伝えしたいと思ってます。

一般的に流通している野菜は、ほとんどが「慣行栽培」の野菜です。
農薬や化学肥料を使用しますが、これらを食べても短期的には「全く問題ない」です。
長期的に見ても「少し問題がある程度」で「はっきりと原因が特定できるわけではない」でしょう。
これは消費者側のお話です。

生産者側では農薬による事故があり、年に数名の犠牲者が出ています。生産者にとっては「命を落とすような危険な薬物」と言えます。
また、農薬は無料ではありません。
農薬を使わなくても栽培が簡単にできるのなら、誰だって農薬なんか使わないはずです。

では、なぜ農薬を使用するのかと言うと…
①収穫量を増やすことができる
②見た目をキレイにすることができる
③手間を省くことができる
…という理由があります。

つまり「より多く」「品質の良い作物」を収穫・出荷するため、生産者は農薬を使用します。
その恩恵を受けて、「一年を通じて安定的に」「安く」野菜を買うことができます。

日本の消費者の大多数は、そのように栽培された野菜の「品数の多さ」「安さ」「キレイさ」に慣れていると言えます。

農薬を使用しないで栽培をすると、病害虫の影響で成長が阻害されることがあります。
そのため、慣行栽培に比べると圃場面積当たりの収穫量が少なくなることが多いです。

栽培する品種は、気候に合っていて栽培しやすいものを選択することが多く、種類が少なかったり、季節によっては一般には珍しい野菜を栽培することがあります。

除草剤を使用しない栽培では、圃場内の草引き・圃場周囲の草刈りに手間が掛かります。
特に夏場は一雨ごとに雑草がぐんぐん育って草刈り草引きに掛ける時間が多くなり、収穫・出荷の時間を確保しようとすると労働時間が長くなりがちです。
草刈り自体がかなりの重労働ということも付け加えておきます。

まとめると、農薬を使用しない栽培は、
重労働で、労働時間が長くなり、病害虫の被害というリスクが大きく、品種選択も制限されます。
その代わりに「安心して食べられる」という付加価値が付いてきます。
現状は9割以上が慣行栽培農産物で、農薬を使用しない栽培の野菜を一般流通させるには圧倒的に量が足りていません。

消費者が生産者の労働に対して相応以上の対価を支払うようになった時、農薬を使用しない栽培が増えていくことになると思います。